2019年09月10日

W3入りました。

密かに憧れていたKAWASAKI W650 通称W3。知り合いが、自分の誕生年と製造年が同じだというので、手に入れてきたW3ひょんな切っ掛けから、修理修理させて頂く事になりました。

普段ツーリングにしか使わないという事で、見た目は綺麗……。
先ずは、お客様の要望を聞きながら、サスのチェック。フロントを押しても?・・むむむむ?動かない。
一度後ろに引いて、前進させてフロントブレーキ。何とが・・沈みましたが・・浮いてきません。

その他、気になるところは一杯有りますが、レストアをするわけでは無いので、取り敢えず安全に走れるところまで、復旧作業を行うことにしました。

 早速、フロントサスを外します。
20190830_112245.jpg

 んで、バラします。!!出てきたのは茶色い水?。油は一滴も入っていなくて、水と錆で泥水化した液体。
20190830_112847.jpg バネ押さえ皿は、ご覧の通り!!。

指先の汚れは……。
20190830_112552.jpg

オイルシールもシール剥がし工具では外れない程、固着してしまっています。
20190830_114431.jpg

これが原因ですね。すっかりメッキが剥がれて、そこから水が侵入してしまったようです。
20190830_112608.jpg
20190830_112629.jpg
アウターに傷を付けないように慎重に、ベアリングプーラーを使って剥がしました。
20190830_114026.jpg


インナーは、使い物にならなかったので、弊社ネットワークのムービングサン様から、中古を調達。実は、何の機種用なのか不明なのですが、キャップのネジ径以外は、同寸法!!ラッキーでした。 これで、復活なるのか?。
取り敢えずは、NDS・Comp.を組み込む為に、ネジを合わせたアジャスターキャップを制作中。

このほか、キャブや、フロントブレーキ、チェンジリンク回りのガタ、手裏剣になってしまったスプロケットなど・・問題山積み。 これで、ツーリングなんて・自殺行為に等しい!と、怒っておきました。(笑
posted by 仙人 at 19:16| 日記

2019年08月16日

業務連絡!。 皆様も、ご注意ください。

ごくごく まれにあります。

以前はHotmailを使って送られて来るメールに返事を返そうと思っても、不通になることが多くありました。
最近は、それが無くなったと思っていたら……、該当のメールアドレスが有りません!と、返信できないことが出てきました。

送信日時 : 2019/08/15(Thu) 05:59:28 に
NINJA250用NDS・Compの問い合わせをされた、もう一度メールアドレスを確認してください。多分アドレスの打ち間違いが起きていると思います。

他に、『 バッカやろ〜、返事が来ないじゃん 』と思い当たる方は、もう一度 ご自分のアドレス確認をお願いします。 連絡先電話番号でも書いてあれば、迷子にならないんですけどね?。

2019年07月23日

デビュー戦!

 昨日から、令和元年の夏休みが始まりました。夏休みと言えば・・楽しい、ラジオ体操!!。
ところが、集合場所に使っている公園が、芝生に雑草がはびこって居て、昨日からの雨で濡れてしまいました。

 夜半雨音が酷かったので、今日のラジオ体操を諦めかけていたのですが、気になって4時に起きて確認すると、お月さまが出ています!。が・・このままでは、足下が濡れてしまいます。

 と言うことで、そのまま起き出して、会社で「電動アシスト機能付き」芝刈り機(試作品)を積み込み、公園へ!
いざ!出陣!!。(笑
20190723_043534.jpg

長雨のせいで、思った以上に伸びていますが……勝てるのか?。
20190723_045435.jpg

動画ファイルが大きすぎて載せられませんでしたので、興味ある方は此方で見ることが出来ます。
https://www.facebook.com/tsukasa.nagaya

一応思惑通りでしたが、課題も。刈り取った草が濡れていると・・・渋滞を引き起こします。
バッテリーもスペアが欲しいところ。 
自走までは行きませんが、ほぼ押す力を必要としないで刈り取ることが出来ました。
一度の刈り巾60cm(一般的な芝刈り機は、人力でも電動でも、20cm巾が標準) 要は、20cm以上の刈り巾だと、男性の力でも ほぼ限界だから。

 電源の無い場所でも使えて、凄く便利です。 
農機具や電動器具メーカーで、興味がありましたら、ご一報ください。お待ちいたして居ります。

(株)ナグ・エスイーディ  永冶まで
posted by 仙人 at 11:51| 電動芝刈り機

2019年07月14日

SuperbForceの適合車種が探しやすくなりました。

 2001年、最初のレース用NAGバルブが世に出てから、18年目を迎えました。
誠にありがとう御座いいます。皆様のご愛顧に改めて、お礼を申し上げます。

 その間、ネット環境もめまぐるしく変化し、商品も派生機種が増え、新旧、廃番部品も入り交じってネットで探しにくい状態になっていて、商品を検索頂いた皆様には、大変困惑させておりました。

 そこで、Webikeさんの協力を得まして、旧タイプや統合された機種などを整理整頓して、最新情報が得やすく、解りやすい表示に変えることが出来ました。 https://www.webike.net/tab/parts/?q=Superb+Force&scls=1

 是非一度、お目通し頂ければ幸いです。 

 昨今、今後生産される化石燃料エンジンに対して、大幅な燃費改善が義務づけされました。最後の切り札として、改善方法はNAGバルブしかないと思って居りますので、もっと知名度が上がることも、願っております。

 便乗して(笑) 発売開始しから3年を経て、販売が好調になってきた、ネコアシダンパーシステム(NDS Comp.)の宣伝も。https://nag-sed.com/product/index3.html
 今までの、バイク特性を覆す、画期的な商品になっています。 右コーナーが苦手な原因として良く上げられる、「心臓が左にある、アクセルが右にある」からなどとは、もう言わせません!。右コーナーを克服できれば、バイクはもっと面白くなる!!。 是非、ごけんとうください。

今後とも、末永くご愛顧頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。
posted by 仙人 at 11:24| 日記

2019年06月16日

ハリアーHBにSuperbForceを装着

NAGバルブ愛好者の友人にそそのかされて(笑)、SuperbForceφ16をネットで購入された方が、HPでブリーザーの出口径の拡大の貯めに、来社されました。確認したら……案の定・・内径は、7ミリ以下でしたので、12ミリに拡大させて頂きました。
20190601_154553(0).jpg
もちろん、拡大前後の差は、歴然です!!。
posted by 仙人 at 18:17| 日記

FIAT ABARTH595にSuperbForce装着

お客様から、FIAT ABARTH595へのバルブ装着写真を頂きましたので、ご紹介。
これがノーマルのエンジンルーム
STD−1.jpeg

バルブ装着したのですが‥、効果が薄いと言うことで、セパレーターの内臓円盤と(弁)スプリングを外して頂きました。
セパレーター1.jpeg

バッチリ!!。
装着 小路口.jpeg
タグ:FIAT ABARTO595
posted by 仙人 at 18:00| ABARTO595

2019年05月07日

ALTO E power にSuperbForceを付けてみた。

2019モデル SUZUKI ALTO EPowerにバルブ装着。
20190507_125838.jpg

エンジンルーム内
20190507_125900.jpg

エアーダクト あ・・・2014の頃と変化無し・・。
 参照:http://nagsed.sblo.jp/auth/article_preview/?otk=1557208042:ec04b5122a7a

これも、やっぱり・・・水が入るのか?。
20190507_131452.jpg

と言うことで、塞いでみました。
20190507_132552.jpg

その前に、水侵入対策も、(段差を付けることで、水の流れを変えます。
20190507_131452.jpg

バルブは、此処。
20190507_132610.jpg

試乗結果は、大満足でした。
 が・・、最近のエコカーは、エンジン回転が高めにならないと走り出さないのと、アクセルを緩めたときのエンジンブレーキが弱くなり、空走感が強いですね。
追記2019/5/28: この車両も、低速域は想像以上に軽快な走りを見せていますので、もしや・・と思いヘッド側のホー津取り付けボス内径を測ってみました。ゴムホース内径はφ14有るのに……・ヘッド出口は、φ6ミリでした。
で、早速穴拡大加工 φ6をφ8.3に。面積でほぼ2倍になりました。もちろん走りも良くなっています。

2019年05月01日

WR250モタードにSuperbForceを付けてみた!。

2017モデルWR250モタードにバルブを装着。
先ずは、シートもタンクも取り外して、作業しやすいようにします。
20190423_120809.jpg

バルブ取り付け箇所は此処。
20190423_123736.jpg

エマルション処理の負圧取り出し。
20190423_123721.jpg
最近のバイクは、キャニスタ(燃料蒸発空気を大気開放しない装置)も、付いているんですね!!

ついでに、締めすぎて動きの悪い減衰フロントサスの調整をしました。
1,先ずは、フロントタイヤを羽化した状態で、トップキャップに付いている空気抜きの(多分M5)スクリューを緩め、空気抜きをします。
2,減衰を全抜き状態で、オーナーさんにフロントを動かして貰いながら、減衰のノッチを数えながら、締め込みます。7ノッチで聞き始めましたので、左右同じ締め込み代に調整。結果17ノッチが7ノッチに。良く動くようになりました。

エンブレが弱い分、リヤブレーキをしっかり踏むようにアドバイスし、走って貰いました。
「まるで教習所のバイクのように良く曲がるようになりました」と、オーナーさんの弁。
まだ、後ろのプリロードが弱く柔らかすぎますが、随分と曲がりやすくなったそうです。

これを読んで、心当たりのある方、是非一度足を運んでください。
自分の目線の先に、バイクが走って(曲がって)くれるようになると、楽しさが倍増します。

2019年04月12日

SuperbForceをCB223Sに装着例

お客様から、CB223SにSuperbForce φ12を装着した写真掲載許可を頂いたので、取り付け例として掲載します。

 商品到着後:この様に装着した結果、アフターファイヤーが発生したと、相談がありました。
DSC_0110a.jpg
 よく見ると、エマルション対策負圧ホースがブラインドプラグで塞がれています。

アドバイス通り負圧をつないで頂いて、ホースも交換して出来るだけ自然なカーブを描くように、取り付けていただきました。04.jpg

03.jpg
そればかりではありません。(ここは貴重な写真)
先ずは、内側からの写真
01.jpg
次に、外側。
02.jpg

ホース取り付けボス内径が、右の写真よりも、左が一段小さくなっていますよね。

 この穴を拡大した後のコメントは、こちら。
>エアクリボックスのブリーザーへのニップルを10mmの穴に拡張し、インマニの負圧ニップルから負圧をとることにして装着してみたところアフターファイアもなく、無事装着することができました。

>そして、実際に走ってみた所、明らかにエンブレが和らいでいましたのでおそらく成功しているのだと思います。2つ上のギアくらいとまでは行かなかったものの1つ上のギアくらいには和らぎました。高回転まで回してから一気に全閉にした直後のエンブレの和らぎ方などはとてもわかり易く減っていて買ってよかったなとやっと思うことが出来ました。安全運転に気をつけつつ大事に使わせていただこうと思います!ありがとうございました。

単気筒エンジンなので、より効果が解りやすかっただろうと思います。これを参考に、エアークリーナー側ブリーザー径を、確認してみてください。同じバルブとは思えない程、性能差が出ます。(4輪も同じくね!)

 資料を使わせていただいた、M様 ありがとう御座いました。
これで、迷える子羊たちを救うことが出来ます? かもね。(笑

タグ:単気筒

ランドクルーザー(CBA-URJ202W 4608cc )にSuperbForceを付けてみた。

 最近流行のSUVって、凄いわ!!。
これなら、いつでも自動運転に移行できるよね!、と言うくらいの豪華装備。
砂漠で、スタックしても、自動で抜け出してくれるらしい。 が・・、この様な車両だが、カイマンには引けを取ったらしい。

 と言うことで、最新型SuperbForceを取り付けてみた。

エンジンルームは、ご覧の通り。
20190407_110310.jpg

ブローバイガスホース取り出し口、エンジンヘッドカバー側‥ 穴は6ミリです。
20190407_113632(0).jpg
一応、開け直すのを前提に、このままNAGバルブを装着して、試運転をして貰います。
20190407_113642.jpg
これだけでも、ほぼ満足のいく状態になったそうですが・・

その後・・、もちろん、速攻で開け直しました。(左右有ります。)
20190407_113606.jpg
手順はこちらを参照:
http://nagsed.sblo.jp/article/185166642.html

再度テスト走行して頂き、穴径の違いを体感して貰いました。

もうワニさんに負けることは・・などと、けしかけたりしませんが、助手席での体感は・・スポーツカーなみ。 今回使用したバルブは、NAG01−T033SF φ14