2015年02月02日

ちまたで噂の、フロントイニシャルアジャスター。

元々、ロードレースの技術なのだが、SRX仲間内でも話題として取り上げられるようになってきたので、
NAGのF・イニシャルアジャスターもベアリング化に対応しました。
DSC03495.JPG
(なぜか・・・立ってくれないので、寝たままで、ごめんなさい。)
上側は、従来品。 下側がベアリング付き。

DSC03496.JPG
ベアリングを組み込むと、このように高さが3.5ミリほど高くなりますが、このまま組み込んで1回転戻した所が、従来品と同じ車高になります。
☆スプリングは縮めると、巻きが戻る方向に回りながら縮むのですが、回らないと縮んだときにタワミが生じます。
☆摺動面にベアリングを挿入すると、バネは回りながら縮みますので、初期作動が良くなります。従って、従来と同じ位置にすると動きが良くなった分沈みますので 、イニシャルを締め込む(車高を上げる)必要があります。

今回は、既に購入済みのユーザーさんも、無加工で装着出来るようにしましたので、3.5ミリ高くなっても1回転戻し(−1.5ミリ)で、バランスが取れるようです。

構成部品は(アジャスターは付いていません)1ミリのベアリング・レースプレート(2枚)とスラスト・ニードルベアリング(1個)、C型止め輪、スペーサーパイプ上下にはめるベアリング押さえカラ−(2種)に、なります。
DSC03500.JPG

組んだ状態:傷が付かないように、アルミカラーはプラスチックハンマーか木ハンマーで挿入します。(軽圧入)
DSC03497.JPG

左側は組む前(スペーサー・パイプは従来品を再使用します。)
DSC03498.JPG
写真左上のカラーに、ベアリングが収まります。
写真下は、スプリング上部端面に使っている座金に収まり、センターが狂わないようにしています。

パーツ名称は、
NAG S.E.D  F・イニシャルアジャスター
グレードアップ用ベアリングキット
φ36キック用とφ38セル用の2種
パーツだけの場合は、税別5,000円(1セット分)
新規で購入の場合は、従来品16,500円+5,000円になります。
サスの動きが、見違えるほど良くなりますよ。

追記:
過去に出荷されたアジャスターのベアリングが入る箇所の幅が、
5mm以下の物も存在していますので、測定していただくか、心配な場合は、
NAGに送っていただければ、無料追加加工してグレードアップ品を組み付けた
状態で、お送りいたします。(写真参照)
DSC03501.JPG
このように、溝の外側で測って下さい。
posted by sennin at 20:20| SRX

これも、不具合の内に入るのかなー・・。

時々、文字が・・家出してしまうんです・・・orz。

普通に立ち上がっても、この画面?  変じゃありませんか。DSC03491.JPG
際下段の数値がと文字が、表示されていません。


此方が、再起動後。
DSC03493.JPG

メーカーに言っても、「 PCのせいですね 」と言われましたが・・・・

内部PCで駆動しているだけなのに、そんなこと言われてもですよ・・・。

ちなみに、昨年9月に依頼した、修理見積もり詳細はまだ届きません。
(リース会社には先月末に、ざっくり?の見積もりが届いたらしい。)
それには、軽症の場合と、重症の場合が書かれてあり、
重症だと、工場に持ち帰って、修理代600万円!!だそうですよ。
過去の修理事例を見ても、最初から不具合機だとしか思えないんですが・・・。

作業ドアの防弾ガラスは、ヒビが入ったまま修理依頼を無視?放置しているし・・。
MAZAKの社長は、どのようなお考えなんでしょうか?。ぜひ、聞いてみたいです。




posted by sennin at 19:49| MAZAK