2015年04月13日

キャブ油面は命!。

キャブレーターをセットアップする際に一番気をつけなければならない部分に、油面高さがあります。
これが狂っていると、まともな性能を出す事が出来ません。

このところ、立て続けにフロートのトラブルを抱えたキャブが手元に来ました。
此方FCRキャブレター。時速60km/h以上の巡航でガス欠になるそうです。
一般道であれば、絶対にスピード違反にならないのですが・・高速道路では捕まってしまいますよね。
すかしてみると、奥側のフロートが下がって見えます。
DSC03612.JPG

実際に測定すると、正常値は9ミリなんですが、14ミリ近くあります。これではガソリンの供給が間に合わないでしょう。
DSC03613.JPG

一方、こちらエコ仕様。?
DSC03614.JPG

同じトラブルのPJKキャブレター。
正常な油面
DSC03609.JPG
下がりすぎた油面。
DSC03608.JPG
キャブを加工して取り付けたら、エンジンがかからなかったそうですが、多分SJの位置までガソリンが入ってきていないのだと思います。

みなさ〜ん!! キャブは、 油面が命なんですよ〜。
posted by sennin at 19:10| 日記