2019年04月12日

SuperbForceをCB223Sに装着例

お客様から、CB223SにSuperbForce φ12を装着した写真掲載許可を頂いたので、取り付け例として掲載します。

 商品到着後:この様に装着した結果、アフターファイヤーが発生したと、相談がありました。
DSC_0110a.jpg
 よく見ると、エマルション対策負圧ホースがブラインドプラグで塞がれています。

アドバイス通り負圧をつないで頂いて、ホースも交換して出来るだけ自然なカーブを描くように、取り付けていただきました。04.jpg

03.jpg
そればかりではありません。(ここは貴重な写真)
先ずは、内側からの写真
01.jpg
次に、外側。
02.jpg

ホース取り付けボス内径が、右の写真よりも、左が一段小さくなっていますよね。

 この穴を拡大した後のコメントは、こちら。
>エアクリボックスのブリーザーへのニップルを10mmの穴に拡張し、インマニの負圧ニップルから負圧をとることにして装着してみたところアフターファイアもなく、無事装着することができました。

>そして、実際に走ってみた所、明らかにエンブレが和らいでいましたのでおそらく成功しているのだと思います。2つ上のギアくらいとまでは行かなかったものの1つ上のギアくらいには和らぎました。高回転まで回してから一気に全閉にした直後のエンブレの和らぎ方などはとてもわかり易く減っていて買ってよかったなとやっと思うことが出来ました。安全運転に気をつけつつ大事に使わせていただこうと思います!ありがとうございました。

単気筒エンジンなので、より効果が解りやすかっただろうと思います。これを参考に、エアークリーナー側ブリーザー径を、確認してみてください。同じバルブとは思えない程、性能差が出ます。(4輪も同じくね!)

 資料を使わせていただいた、M様 ありがとう御座いました。
これで、迷える子羊たちを救うことが出来ます? かもね。(笑

タグ:単気筒

ランドクルーザー(CBA-URJ202W 4608cc )にSuperbForceを付けてみた。

 最近流行のSUVって、凄いわ!!。
これなら、いつでも自動運転に移行できるよね!、と言うくらいの豪華装備。
砂漠で、スタックしても、自動で抜け出してくれるらしい。 が・・、この様な車両だが、カイマンには引けを取ったらしい。

 と言うことで、最新型SuperbForceを取り付けてみた。

エンジンルームは、ご覧の通り。
20190407_110310.jpg

ブローバイガスホース取り出し口、エンジンヘッドカバー側‥ 穴は6ミリです。
20190407_113632(0).jpg
一応、開け直すのを前提に、このままNAGバルブを装着して、試運転をして貰います。
20190407_113642.jpg
これだけでも、ほぼ満足のいく状態になったそうですが・・

その後・・、もちろん、速攻で開け直しました。(左右有ります。)
20190407_113606.jpg
手順はこちらを参照:
http://nagsed.sblo.jp/article/185166642.html

再度テスト走行して頂き、穴径の違いを体感して貰いました。

もうワニさんに負けることは・・などと、けしかけたりしませんが、助手席での体感は・・スポーツカーなみ。 今回使用したバルブは、NAG01−T033SF φ14

2019年04月04日

MAZAK不具合 抜粋

 
 2019年度、諸事情で新しい機械の導入が出来なかったために、泣く泣くMAZAK機を買い取りすることになりました。買い取り支払い終了は2020/2月予定。そこで、過去の不具合日記を整理してみました。
 2008年9月02日導入以来、不具合機と向き合ってきましたが、多分我が社だけのことに限ったことでは無いと思いますので、これまでの不具合項目と、対処方法を列記してみました。お役に立てて頂ければ幸いです。

お時間の許す限り、記事を読んで頂けると幸いです。
 

 2019/04/04現在でも、MAZAK側からは何も対応はありません。2013/10月この工場移転に伴い、自分で再設置、調整を行ったのを機に、2014/5月になって、やっとリース会社が私の要望を聞き入れ、自分で修理作業する事を認めて頂きましたので、カップリングに対策を施しました。対策後は、精度を取り戻しましたが、芯高調整はリース終了後、買い取ってからになります。
 
 納入製品未検査項目発覚と、MAZAK工場での試作品切削加工時の不注意による初期トラブル(未稼働期間半年)その後発覚したカップリング(連結部品)の設計不良で、稼働できなかった期間は約1年。
合計1年半の間未稼働のリース料を払い続ける経済的ダメージは、一言では言い表せません。

 今まで無かったことですが、今年に入ってから毎日のように5人から9人ほどの人が記事を読んで頂いて居るようなのですが、拡散もお願いします。

2008年9月02日 納入された、YAMAZAKI MAZAK製
 QUICK TURN NEXUS200−2MYS  リース総額2494万円

この記事を書いている今日現在2019/04/04も、メーカーからは何も救済処置は示されていません。

不具合項目関連記事
http://nagsed.sblo.jp/index-11.html(導入直後の切削で、長さが安定しない、出荷時検査項目にSUB軸項目が無い、出荷時見本切削時にチャックも給油で焼き付き)半年間放置されました。
http://nagsed.sblo.jp/archives/201304-1.html(芯ズレ、不具合箇所、追跡依頼。この時点で弊社はカップリングを疑い、メーカーに確認依頼しました。)
http://nagsed.sblo.jp/archives/201305-1.html(放置期間が数ヶ月に及んだので、MAZAK社長に直訴状)
http://nagsed.sblo.jp/archives/201306-1.html(岐阜県知事にもメールしました)
http://nagsed.sblo.jp/archives/201307-1.html(切削油の腐敗)
http://nagsed.sblo.jp/archives/201309-1.html(社屋移転のお知らせ)
http://nagsed.sblo.jp/archives/201404-1.html(芯ズレ原因の特定調査)
http://nagsed.sblo.jp/article/93672704.html(芯ズレ原因判明 カップリング修理)
http://nagsed.sblo.jp/article/94025226.html(修理後の検証)
http://nagsed.sblo.jp/article/95937499.html(修理後、初切削、精度検証)
http://nagsed.sblo.jp/archives/201504-1.html(自社修理後、再稼働)
http://nagsed.sblo.jp/article/96720610.html(製品切削開始)
http://nagsed.sblo.jp/article/100097311.html(切削油腐敗対策)
http://nagsed.sblo.jp/article/103370667.html(切削油腐敗対策2)
http://nagsed.sblo.jp/article/109029854.html(ドアガラス修理依頼したが、直しに来ない)
http://nagsed.sblo.jp/article/113059189.html(モニター文字表示しなくなる)
http://nagsed.sblo.jp/article/119906565.html(モニター文字表示しなくなる2)
http://nagsed.sblo.jp/article/122274156.html(製品精度良好?)
http://nagsed.sblo.jp/article/122274156.html(回転工具破損。アンギュラーボールベアリングの逆組!!)
http://nagsed.sblo.jp/article/176168883.html(回転工具破損。2)
http://nagsed.sblo.jp/article/176885426.html(回転工具修理依頼したが・・そのまま返送されて・・)
http://nagsed.sblo.jp/article/177243371.html(回転工具、製品への影響)
http://nagsed.sblo.jp/article/178696597.html(切削油腐敗原因と対策)

よう持ちこたえたわ‥、自分を褒めたいです。
posted by 仙人 at 10:54| 日記