2013年05月29日

拝啓MAZAK社社長様 2013/05/29

到達点までは、遠い道のり。

今回、再修理再見積を依頼するに当たって、事前に調べ物をしました。

先ずは、
独立行政法人 〔 国民生活センター 〕
この地方窓口になって居るのが、〔 各務原市役所市民活動推進課 〕
058-382-7110

此処で紹介されたのが、〔 中部経済産業局産業部中小企業課 〕
052-951-2748

そして紹介されたのが・・ 〔 ひまわりダイヤル 日弁連 〕 
0570-001-240

やっと、岐阜の担当の弁護士に繋がった。(電話は伏せておきます)

これだけで、今日の体力使い果たしました。

機械の修理にユーザーが努力するって、間違って居ると思いますが・・。

5月20に、頂いた書面に〔今後のアフターサービスは有償で〕と書いて有りましたので、
どれだけ修理代がかさんでも、治してもらうしかないんですよねー。

幸い、各部署で弊社HPを参照してもらいながら、お話しが出来ましたので、これだけでも有意義だったと思います。

たらい回しの様に思われるかも?知れませんが、各部署の親切な対応に感謝!!。


追記:再修理見積もりを依頼しました。
内容は、以下の通り。

【お問合せありがとうございます】
データを受信致しました。受信したデータは下記の通りです。

工作機械に関するお問合せ

会社名:(株)ナグ・エスイーディ

部署名:加工

役職名:代表取締役社長

郵便番号:504-0934

都道府県:岐阜県各務原市大野町3−241

電話番号:058-383-7998

FAX番号:058-383-7977

機種名:NEXUS200NSY

機番:OTN-2002MSY

お問合せ内容:
2012年11月1に修理見積もりを頂き、修理依頼した件でご連絡しております。

2013/05/20付けでヤマザキマザックシステムセールス
 常務取締役 中西 正純氏より 
〔 ご連絡書 〕が届いて居りますが、これによると弊社が依頼した修理内容は、お見積もりを頂く前の10月29日に完了していることになって居ます。
では、2013/03/15日の時点で、芯高になって居ますという作業書を頂いて居りますが、どのような事になって居るのでしょうか。

また、修理完了した後も、製品寸法が安定しない状態が続いております。
追記:(製品寸法が安定しない状態が続いております。)と書きましたが、実際には、刃物位置が移動を繰り返し安定しないので、修理作業開始以降の切削作業は停止状態状態になっています。)

中西氏の書面でも、構造上中心がゼロになることは難しいと書かれておりますが、当方も絶対ゼロを求めているわけではなく、誤差を少なくする努力を求めておりますが、3月まで作業に携わった加藤、吉田両氏も、2013年04月17日に調査に来た、横山課長及び横山次長も精度に不信を持った為に翌24日に加藤、吉田両氏を派遣したものと考えます。此の事からしても、瑕疵が残っているのは明らかだと思います。加藤、吉田両氏には、今まで解決出来なかった二人で作業するのじゃなく、作業を監督出来る人や、設計者を同行してきてくださいとお願いいたしましたが、すでに1ヶ月以上も何の連絡もありません。

吉田常務が〔今後は有償になります。〕と書面にしてありますので、このまま動かない機械を返却も保有も出来ませんので、再度修理の再見積をお願いいたします。 そもそも、41万の見積金額に対して、18万の請求をしたのは御社の方です。

是非、グローバル企業のメンツにかけても、不具合を解決していただきますよう、お願い致します。
posted by sennin at 17:07| MAZAK