2014年05月08日

1年7ヶ月ぶり

メーカーがさじを投げてから1年半以上経って、やっと製品が削れる様になりました。

やはり私の指摘に、間違いは無かった様で、まだ数個しか出来ていませんが、寸法も安定しているようです。

その製品、
 DSC02797.JPG

すごく懐かしい光景です。(笑

きれいにできあがりました。
DSC02798.JPG

ここまでに道のりは、口では言い表せません。

ユーザーをこのような状況に追い込んで、メーカーは何の責任も、落ち度も認めないんでしょうか。
恥を知りなさい!恥を!。

今日得た情報では、「機械は正常です!、すでに直っています!」と言い切った常務取り締まりの方は、今は部署を変わられたそうですね。



追記: 25個ほど制作しましたが、デジタルノギスに現れるほどの(最小メモリ0.01)誤差も無く
    完璧に修復できました。
posted by sennin at 14:17| MAZAK