2019年04月04日

MAZAK不具合 抜粋

 
 2019年度、諸事情で新しい機械の導入が出来なかったために、泣く泣くMAZAK機を買い取りすることになりました。買い取り支払い終了は2020/2月予定。そこで、過去の不具合日記を整理してみました。
 2008年9月02日導入以来、不具合機と向き合ってきましたが、多分我が社だけのことに限ったことでは無いと思いますので、これまでの不具合項目と、対処方法を列記してみました。お役に立てて頂ければ幸いです。

お時間の許す限り、記事を読んで頂けると幸いです。
 

 2019/04/04現在でも、MAZAK側からは何も対応はありません。2013/10月この工場移転に伴い、自分で再設置、調整を行ったのを機に、2014/5月になって、やっとリース会社が私の要望を聞き入れ、自分で修理作業する事を認めて頂きましたので、カップリングに対策を施しました。対策後は、精度を取り戻しましたが、芯高調整はリース終了後、買い取ってからになります。
 
 納入製品未検査項目発覚と、MAZAK工場での試作品切削加工時の不注意による初期トラブル(未稼働期間半年)その後発覚したカップリング(連結部品)の設計不良で、稼働できなかった期間は約1年。
合計1年半の間未稼働のリース料を払い続ける経済的ダメージは、一言では言い表せません。

 今まで無かったことですが、今年に入ってから毎日のように5人から9人ほどの人が記事を読んで頂いて居るようなのですが、拡散もお願いします。

2008年9月02日 納入された、YAMAZAKI MAZAK製
 QUICK TURN NEXUS200−2MYS  リース総額2494万円

この記事を書いている今日現在2019/04/04も、メーカーからは何も救済処置は示されていません。

不具合項目関連記事
http://nagsed.sblo.jp/index-11.html(導入直後の切削で、長さが安定しない、出荷時検査項目にSUB軸項目が無い、出荷時見本切削時にチャックも給油で焼き付き)半年間放置されました。
http://nagsed.sblo.jp/archives/201304-1.html(芯ズレ、不具合箇所、追跡依頼。この時点で弊社はカップリングを疑い、メーカーに確認依頼しました。)
http://nagsed.sblo.jp/archives/201305-1.html(放置期間が数ヶ月に及んだので、MAZAK社長に直訴状)
http://nagsed.sblo.jp/archives/201306-1.html(岐阜県知事にもメールしました)
http://nagsed.sblo.jp/archives/201307-1.html(切削油の腐敗)
http://nagsed.sblo.jp/archives/201309-1.html(社屋移転のお知らせ)
http://nagsed.sblo.jp/archives/201404-1.html(芯ズレ原因の特定調査)
http://nagsed.sblo.jp/article/93672704.html(芯ズレ原因判明 カップリング修理)
http://nagsed.sblo.jp/article/94025226.html(修理後の検証)
http://nagsed.sblo.jp/article/95937499.html(修理後、初切削、精度検証)
http://nagsed.sblo.jp/archives/201504-1.html(自社修理後、再稼働)
http://nagsed.sblo.jp/article/96720610.html(製品切削開始)
http://nagsed.sblo.jp/article/100097311.html(切削油腐敗対策)
http://nagsed.sblo.jp/article/103370667.html(切削油腐敗対策2)
http://nagsed.sblo.jp/article/109029854.html(ドアガラス修理依頼したが、直しに来ない)
http://nagsed.sblo.jp/article/113059189.html(モニター文字表示しなくなる)
http://nagsed.sblo.jp/article/119906565.html(モニター文字表示しなくなる2)
http://nagsed.sblo.jp/article/122274156.html(製品精度良好?)
http://nagsed.sblo.jp/article/122274156.html(回転工具破損。アンギュラーボールベアリングの逆組!!)
http://nagsed.sblo.jp/article/176168883.html(回転工具破損。2)
http://nagsed.sblo.jp/article/176885426.html(回転工具修理依頼したが・・そのまま返送されて・・)
http://nagsed.sblo.jp/article/177243371.html(回転工具、製品への影響)
http://nagsed.sblo.jp/article/178696597.html(切削油腐敗原因と対策)

よう持ちこたえたわ‥、自分を褒めたいです。
posted by 仙人 at 10:54| 日記

2019年01月01日

2019 謹賀新年

2019 謹賀新年

2019年賀.png
クランクケース内圧コントロールバルブが、
皆様に「NAGバルブ」と親しまれるようになって
 20年の歳月が経ち

成人式を迎えた今
NAGバルブに最新型
SuperbForce

新しい仲間
SuperbForce "R"タイプも
加わりました。

これを機に、
このはがきが届いた皆様を対象に、感謝の意を込め
旧 バルブ下取り記念セールを行います。

二輪/4輪供に、大きく進化を遂げています。
  https://nag-sed.com/product/index2.html(共用)

応募方法は、仙人ブロブ や電話で、ご確認ください。
http://nagsed.sblo.jp/ 058−385−1698

本年もよろしく お願い申し上げます。



 年賀はがきで お知らせしたとおり、これを機にNAGバルブ新型に
乗り換えたい方を対象に、旧型バルブの下取りセールを行います。

対象バルブ
旧型(二輪ナチュラル、スポーツ、四輪A/T、M/T仕様)=Superb&SuperbForceに
   (この場合は、お手元バルブの返還は必要ありません)
※:Superb=在庫が無くなり次第終了とします。)

Superb>SuperbForceに乗り換えが可能です。(お手元バルブの返還が必要です。)
  (下取り金額は3,000円 HP参照 https://nag-sed.com/pdf/valve_inst.pdf )

 また、20年間変えることが出来なかったレース用も、やっと新型対応が出来ました。
レース用を好んでお使い頂いて居る、コアなお客様に対し、(R,RE)をSuperbForce”R"タイプの
下取り対象とします。性能は引き継いだまま、作動音を大幅に減らすことが出来ました。
(下取り金額は3,000円 https://nag-sed.com/pdf/valve_inst.pdf )
 (この場合は、お手元バルブの返還は必要ありません)

 NAGバルブは、本来ロードレース用として、20年前に開発されました。
一般車両用は、どんどん進化して参りましたが、レースタイプだけは特有の特性を継承したままでのバージョンアップが出来ていませんでした。
 この度、20年のノウハウとトライアンドエラーを繰り返しながら、ウイークポイントだった作動音も静かで乗りやすく、レース用独特のエンジンブレーキの掛かり方や、加速時の高揚感を引き継いだ SuperbForce”R"が生まれました。 これを機に、乗り換え検討して見て下さい。
対象バルブ (R、RE)の2タイプ SuperbForce”R"にバージョンアップ
(下取り金額は3,000円 https://nag-sed.com/pdf/valve_inst.pdf )
  (旧バルブ返送の必要はありません)

申込みは:
 メールや電話で、2019年賀はがきの お年玉通し番号を添えてお申し込み下さい。
「随分前のユーザーだけど、最近はがき貰っていないよ!」と言う方にも、再度ユーザー登録して頂きます。旧購入履歴で解りますので、はがきが無くても、受け付けます。(いつ頃の購入かお知らせ下さい。
返還不要の場合の送料について、発送料金は弊社が負担します。
但し、要返還の Superb>SuperbForceの場合は、返還料金はご負担下さい。
(この場合は、下取り料金3,000円+返還料金一律900円=にいたします)

※:下取り後の料金には、消費税が必要です。
posted by 仙人 at 13:04| 日記

2018年12月08日

DAIHATSU TANTOにSuperbFouceをつけてみた。

TANTOの装着を相談されていましたが、NAGのラインナップにはないですよね。

その訳は、TANTOも、Esseも同じなのだけど、エンジン上部にエアークリーナーが乗っているので、L型ブローバイホースが短くて、ホースを切って間に割り込ませることができません。装着するには、次の写真のように加工が必要なんです。
20181123_172547.jpg

短いホース
20181123_172552.jpg

このボスを切り取ります。
20181123_173416.jpg

裏の壁はV字の2重壁なので、グロメットが入るように、加工します。
20181123_174445.jpg

グロメット取り付けて、SuperbFouceを直接つけます。
20181123_174435.jpg

で、このようになりますが、L字ゴムホースのカットは最小限度にします。
20181123_174910.jpg

後日報告があり、一般市街地 14km/Lが16km/Lに向上。
高速道路は装着前後で変化なく、24km/Lだそうですが・・力強く走るようにはなったそうです。
多分、吸気量が足りてないと思われる節があるので、RAM化を検討します。
ありがとうございました。
posted by 仙人 at 19:19| 日記

クラウンアスリートHBにSuperbFouceをつけてみた。

こちらも、初めての車両になります。
高級車、クラウンアスリート。このオーナーさん1か月で2台目の装着。
一週間前に、DAIHATSU TANTOに装着させていただき、お気に召していただいたので、お父さまの車両にもつけたいと、持ち込まれました。(詳細は、別途)
20181128_144640.jpg
気になるブローバイパイプ径を課金すると、案の定・・・。エンジンが重くなると、モーターがアシストするので、気が付かないのでしょうが、小さいです。
20181128_144744.jpg

で、穴あけ加工。レベルゲージから加圧しながら、ドリルで開けます。キリコが散乱しないように、洗濯ネットで養生。
20181128_144911.jpg
開きました。
20181128_145121.jpg
装着後。
20181128_144659.jpg

後日、市街地走行の燃費報告がありました。13km/Lが15km/Lに向上したそうです。
よかった〜。
posted by 仙人 at 18:20| クラウンアスリートHB

NISSAN note DBA-E12にSuperbForceを付けてみた。

NISSAN note DBA-E12にSuperbForceを付けてみた。
初めて触る車両なのですが、まずはボンネットを開けてみて、??? マーク。
20181107_130142.jpg
ターボでもないのに、インタークーラー付き!。オーナーさんに聞いてもわからない。
スロットルボディの手前で、吸気ダクトがT字状に分かれているし‥。
20181107_130200.jpg

後で調べて分かったのは、スーパーチャージャー付のダウンサイジング3気筒エンジン。
スーパーチャージャーは、エンジン回転制御の電磁クラッチ。一定回転(1800rpm)で、クラッチがつながる仕組みなのだそうだ。

取敢えず、ブローバイ経路を確認。取り付けても大丈夫そうだ。指さしているところがブローバイホース。
20181107_130156.jpg
で、このように装着しました。
20181107_131328.jpg

20181107_132405.jpg
タグ:NOTE
posted by 仙人 at 17:51| DBA-E12

2018年12月06日

キャリーレーシング化? プロジェクト

アフターパーツ・メーカーのSimple(https://the-simple.blog.so-net.ne.jp/2018-11-28)さんから、一足早いクリスマス・プレゼントが届きました。
それがこれ!
20181204_092429.jpg
キャリー用のラムダクト。

取り敢えず、言われたとおりに付けてみました。
20181204_092711.jpg
おお!結構 よく走ります!!。が・・吸気音も半端ない!。(笑
走った感じでは、もっと風当たりが強くても、それに耐えられるほどの、強い子だと言う印象を持ちましたので、早速やってはいけないことに挑戦。

20181204_150517.jpg
付いてきたラッパの部分が少しのサイズ違いで、アルミフレキシパイプに繋がらないので、ダイレクトに突っ込んで観ました。

吸気音も少し下がり、泥除け裏にラッパ部を持ってくるより、良い感じになっています。

これに気をよくして、早速ラッパも取り付け。エンジンアンダーガードの隙間に、あつらえたようにピッタリはまりました。(笑
20181206_105956.jpg

付属のバンドで、エアクリーナー側を止め、エンジンガードに6ミリの穴を開けて、ラッパと結束バンドで止めます。(一箇所止めるだけで、ぐらつかずに付きました。(嬉
20181206_110014.jpg
結果は、ベリーOK!

でも、まだ吸気音が大きい。
※時速40km/h以上出ないと、走行風は有効では無いので、それに達するまでのクオーっと言う音が気になります。
周りを見渡したら、良い物発見!。純正部品の差し込み径より少し太いですが、
20181206_115054.jpg

これの径を合わせて、
20181206_143127.jpg

クリーナー側に差し込み、(ソケットがむき出しになるので、カバーを考案しようかなー。
20181206_143659.jpg

先ほどのように、組み付けました。(長さは、もっと短くても良いかもしれないので、再検討します)
このパイプ、消音以外に雨水進入防止の役目もかねて、一石二鳥。
20181206_105956.jpg

めっちゃ良いですよ。これで、チャンピオンが狙えます。

注: 売り物では無いので・・と、Simpleさんに言われていますので、入手したい方は、https://the-simple.blog.so-net.ne.jp/2018-11-28 に、泣きついてください。
あ、NAGバルブが付いていないと、逆効果にも成りますので、併用するように。
タグ:軽トラック
posted by 仙人 at 18:49| キャリー

2018年10月24日

スカイラインクロスオーバーH23-3.7LにSuper bForce

久々の4輪ネタ。
20181017_111249.jpg
20181017_111240.jpg
20181017_111232.jpg

ツインクリーナなので、SuperbForce取り敢えず両方に付けて、2個装着で試運転してみました。

左右のレゾネーターとホースをの一部を左右入れ替えて装着。
こちらがSTD状態
20181017_120437.jpg

左側をL型ジョイントに変更。左のレゾネーターは、取り外し。
(その後量産は、左右ともL型ジョイントで接続)
出来るだけ、大きな変更が無いように、付けてみました。
20181017_124311.jpg
20181017_124358.jpg
20181017_124346.jpg

1個使いにしても良かったのですが、押し売りしたわけでは無く、オーナーさんが外すのをためらったので、2個使いになりました。 当然のように、大満足して頂きました。

いつも、助手席に座らせて貰いますが‥、暴力的な加速感です。
これって、エキシージや、ムスタングと並びますよ。
お買い上げ、ありがとう御座いました。 m(_ _)m
2019/02/14追記:回覧件数が多くありましたので、取り付け説明書を用意させて頂きました。
        https://nag-sed.com/product/pdf/Force_skylineVQ37_2_6.pdf
2018/11/14追記:
後日、向こうから近づいてきた頂き、一言「 燃費良くなりました」と。お互いに時間が無かったので、どの程度良くなったのか、聞き漏らしました。

相変わらず燃費が不明ですが、高速道路で一気にOOに達したそうですが、急加速すると・・蛇行して真っ直ぐ走らないとか・・・。
posted by 仙人 at 13:23| 日記

ブルターレ800(MVアグスタ)2015M/YにSuperbForce

2012モデルにも装着させて頂いたお客様、再度来社して頂きました。
今回は、2015モデルのブルターレ。
実はこのお客様、過去にもトライアンフやフサベルなど、車両入れ替えのたびに来社頂いております。
ご自身で取り付けられた車両も含め、今回で6台目?かな。「最初に取り付けてから、NAGバルブ無しでは居られない体になった」そうです。大変ありがたいことです。

’12モデルは、何も外さなくても装着出来たのですが、今回は大仕事!。
結果的に、RAMダクト回り、タンク・シート回りは全バラ‥。(笑
20181021_120849.jpg

クリーナーBOXも外して・・。
20181021_120825.jpg

そして、此処に付けることにしました。
20181021_120838.jpg
エマルション対策のホースも、ほぼ直線になり良い場所ですが‥狭い。

シート外して、タンクを止めるネジにたどり着くには・・遠い道のりです。
エアークリーナーエレメントを交換するにも、同じ作業が必要なようですよ。
20181021_104913.jpg
20181021_104923.jpg
RAMダクト回りを外して、
20181021_104929.jpg
タンク後部ネジを外して、ガソリンホース(ワンタッチ)外して、やっとたどり着いたと思ったら、伏兵が・・。隠しネジが・・・。
20181021_102924.jpg
20181021_102928.jpg

最後は、サスペンションの再調整をして、終了。
前よりも良く動き、曲がりやすく、良い感じになったそうです。
毎度ありがとう御座いました。
作業時間・・4時間程でしたが、次に作業することがあれば、2時間を切れますね。(笑

前後サスのベアリング投入にも興味を持たれていたので、今の仕様になれた頃に持ち込んでみて下さい。
お待ちしております。
posted by 仙人 at 12:03| 日記

2018年07月01日

CRキャブの不思議。

CR33の時も、時々あった症状ですが、CR35になってから、頻繁に不具合が出始めました。
その不具合とは。(FCRも同じです)
サイドスタンド状態で始動し、準備が完了して跨がると・・エンジンストール。
交差点等で、停車しようとすると・・・エンジンストール。
スタートしようとすると、この時も・・突然エンジンストール。
又は、原因不明のオーバーフローを起こす。
以上のような事例をふまえて、整理すると。

全て、油面変化が起きた時に発生していることが解ります。
原因として考えられるのは。
傾いた状態から、水平にしたときに、油面が大きく変化、または閉まり切れない状態になっている。

すなわち、傾いた状態でエンジン始動して、油面が形成されると、復帰油面(バイクが立つ)は上昇します。この状態で、エンジンストールしてしまうと、再始動は非常に困難になるのですが、アクセルを開いた状態で、2〜3度空キックしてからの再始動は、すんなり掛かります。すなわち、濃くなっているんですね。

さらに、もう一つ気になることが。傾いた状態でAS調整しても、バイクが起きた時のアイドル回転が安定しない。

では、解決方法を考えると。
油面はそのままで、バルブシート径を小さくして、閉め切りタフネスを上げる。
これで、解決すると思います。パーツリストを見ると、3種類の大きさが設定されているので、
1、シングルで使う場合は、穴径の大きなものを使い、
2、2キャブでは中間。
3、4キャブ、では、小さいもの。
それでも、コックを流れる全体のガソリン流量は、大きく変わりません。大きな穴は塞げなくても、小さくなった穴は、容易に塞ぐことが出来ます。(フロート浮力は変わらないが、シート径が小さくなれば、締め切り圧が大きくなる(小さな力で閉じることが出来る)ので、オーバーフローしなくなります。

こちらに解決方法を。
DSC05283.JPG

1、フロートバルブの浮力に対し、バルブシート径が大きい。
穴が大きいと、浮力も大きくないと、閉じれません。

2、シングルキャブで使っても、流量が足りる(FCRも)ということなので、一個のバルブシートを流れる設定量がそもそも多い事が解る。

3、通常レース用キャブは、エンジン馬力に対して、必要なガソリン消費量の1,5倍の燃料が流れるように設定するので、「シングルで使っても、燃料不足になることはない」 ということからすると、1200ccの排気量に、キャブ2 個でも流れる量には余裕がある。
DSC05284.JPG
左が穴の小さいシート。ニードルがわずかに飛び出している。

もう一つの方法は、ゲージ油面を1ミリ高め(実油面を下げる)に設定する。油面を低く保つだけでも、今の症状は治まると思いますが、サイズを小さくするのが最善と思います。

バルブシート径を小さくすると、閉まる位置も変わりますので、油面調整が必要です。
閉じていない状態:
DSC05288.JPG
もう少し傾けて、閉じた状態。(必ず、ゆっくりと傾けて、バルブシートが閉じる位置で調整や、油面確認を行います。)
DSC05287.JPG

取り外し:
DSC05286.JPG
100円ショップで買った、食いちぎりペンチを加工しました。
DSC05285.JPG
交換後:わずかに油面が下がりました。
DSC05279.JPG
調整後。(フロート底部とチャンバー合わせ面を平行にします)
DSC05280.JPG

明日の朝走ってみますが、エンジンのホットリスタート(暖気後始動)良好。
マシンの姿勢変化でも、アイドルが不安定になりません。

PS:
RS125レーサーのRAM仕様のPAXキャブは、燃料に圧力が掛かりますので、オーバーフローしにくいように、バルブシート径を小さくしていたのを思い出しました。

追記:2018/08/08
異常な暑さの中、なかなかテスト走行が出来て居ませんでしたが、早起きして2度走ってみました。
一度目、
エンジンストール頻度は減って居ましたが、1度ストールしました。あと気になったのは、スロットル開度1/2当たり、4速4000rpmでのぐずつき。もう一度外して、段数を3.5段から2.5に変更。油面も1ミリ下げました。

2度目、
やっと、全領域でふけ上がるようになり、目が追いつきません。油面を下げたことで、もう一度AS調整したおかげも有り、安心してスロットルを戻す事ができました。SJ位置に対して、油面が高さが敏感?。これで、涼しくなるのを待つばかりです。
posted by 仙人 at 19:29| 日記

2018年06月18日

SuperbForce便り

家内が車を更新したので、SuperbForceをNBoxに取り付けてみた。ノーマル状態で乗ってみましたが、ふわーっと走って、ふわーっと止まる。エンジンブレーキも強くなく、走り出しや、停車時の違和感も無い。
乗せて貰ってる感が半端なく、物足りない

 が・・、平均燃費9.5km/L?・・。アイストップ車両にしては、悪すぎませんか?。 乗り換える前のターボ車でも、バルブ付けた状態で9.5km/Lでした。

 で、早速バルブ装着。3kmほど走っただけなのに、平均燃費9.9km/Lにアップ。停車時は、相変わらずふわーっと止まりますが、アクセルペダルを離してからの速度が落ちません。
20180617_175608.jpg
加速は、一瞬ドキッとしましたが、凄く反応が良くなっています。
欲を言えば、アクセルペダルの踏力に対して、スロットルの反応時間が長い。もう少し過敏でも良いのかもね〜。いずれにしても、楽しい車になりました。20180617_175150.jpg
使用したバルブサイズは12でした。

こんな風に割り込みます。20180617_175227.jpg

追記:2018/08/08
ふわーっと走って不ワート止まる。エコモードだからでした。 m(_ _)m 
大分落ち着いてきて、平均燃費、10.3km/l

あまりにもかったるいのでエコモードOFF.とてもよく走る様になりました。
 平均燃費10.4km/l なんだ、こっちの方が愉しいのに、高燃費?